ファミクリTop > ファミクリについて > 家庭医療学とは

家庭医療学とは

 欧米では、家庭医療は Family Medicine とよばれ、長い歴史があります。
日本では、医師に会うと最初に、「何科の専門ですか?」と質問しますね。
 欧米では、最初に「ジェネラリストですか?スペシャリストですか?」と尋ねます。
「スペシャリストです」と答えると、そこで初めて、「では、何科の専門ですか?」となります。
「ジェネラリストです」と答えると、其れが「家庭医」を意味します。

 クリニックの小物(サハラの砂)
 医学部を卒業した後、ジェネラリストの専門教育をうけ、研修を終了した医師です。
そんな家庭医が、地域に開業し、住人の方々の日常病を診療し、また、スペシャリスト達と、医療連携をとっています
 日本でも、近年、若い医師や医学生の間で、「家庭医になりたい。家庭医の教育を受けたい」という声が高まっています。

 しかし、日本では、この教育の歴史がなく研修施設はありませんでした。数年前から、北海道や千葉などで、数少ない研修施設が誕生しています。
 そんな一つに亀田メディカルセンターがあります。
本場アメリカの家庭医学科の教鞭をとっている米国人医師やアメリカで家庭医を実践している日本人医師たちを教育陣にした3年間研修コースです。

 私は遠く医学生だった頃、家庭医になることが夢でした。
長い間、脳神経外科専門医としての手術、救急医療センター勤務、小児一次救急などをしていましたが、もう一度、若い医師たちに混じって、ここで、3年間の家庭医研修プログラムを終了しました。

 この田園調布の地で、家庭医を実践し、地域の皆様に、少しでも お役にたちたいと考えています。

 私は、旅先で、「あなたの専門は?」と聞かれたら、「家庭医です」と答えます。




All rights reserved Den-en-tyofu family clinic